循環器診療

【日本人の死因の第2位は心臓病】
心臓疾患が原因で亡くなる人の数は癌に次いで2番目に多く、そのうちの半分を占めるのが、心臓に栄養や酸素を送る冠動脈が狭くなり十分な血液が届かなくなる狭心症と、完全に詰まって心臓の筋肉の一部が壊死する心筋梗塞という疾患です。
当院ではこうした循環器疾患に対して、検査から診断、治療に至るまで全て院内で行える一貫した医療体制を整えております。「胸が痛くなってから」では手遅れになる可能性があり、少しでも不安を感じる方はいつでもご相談下さい。

循環器診療

循環器診療
心臓は全身臓器に血液を供給するポンプの役割を果たし、1日に約10万回、生涯休むことなく拍動しています。血管はその血液を送るための通路となる管で、心臓から出る血液を送る動脈と心臓へ戻る血液を送る静脈に分かれます。
循環器疾患とはこれらに関係した病気のことを言います。生命活動に必要不可欠な酸素や栄養を運んでいる心臓と血管は、水道のポンプと水道管に例えられ、循環器に疾患が起こると生命に関わる重大な事態を引き起こしかねません。また、自覚症状が無いまま進行し、症状が現れた時はすでに重症で、時には死に至る危険性が高いことも多いため、常に気を配り初期の段階で治療を行うことが非常に大切です。

循環器診療
循環器診療