-心臓検査-
日本人の死因で2番目に多いのが心臓病です。中でも最も多いのが心筋梗塞や狭心症などの動脈硬化性心血管病で、近年増加傾向にあります。これらの重大な病気を招く原因は高血圧や脂質異常、高血糖、喫煙、内臓脂肪型肥満といった生活習慣と密接に関わっており、どれか1つでも心当たりのある人は注意が必要です。
働き盛りの人の命をも脅かす怖い病気ですが、早期にその芽をみつけて治療を始めれば大事に至らなくて済みます。

心臓検査の内容

  1. 受付・問診

    問診票記入と検査の流れ等の説明。身長、体重、血圧測定

  1. 採血・検尿

    血液は身体のすみずみまで巡っているので、血液中に含まれている成分を分析すれば全身の組織や臓器の状態が分かり、病気の診断や治療の判定などに利用できます。また心臓病の原因となる糖尿病や高脂血症など動脈硬化の危険因子を調べます。

  1. ABI(動脈硬化度検査)

    上腕と足首の血圧を測定することで血管年齢や足の動脈の狭窄・閉塞の有無(末梢動脈疾患)について評価することができます。末梢動脈疾患は、心血管疾患や脳血管疾患など他臓器障害との合併が多く見られることも多く、早期発見が重要です。

  1. 心電図・胸部レントゲン

    両手首・両足首・胸の6ヶ所に電極を取り付け測定します。心臓の働きを調べることができ、心臓病の発見や診断、病状の把握、治療効果の確認、薬の副作用の発見などに欠かせない検査です。
    胸部レントゲン画像では肺の病態の他に心臓の形と大きさ、肺や胸部を流れる血管の輪郭が分かるため、心臓病が疑われる場合は必ず撮影します。

  1. 心エコー

    超音波を使って心臓の形、働き、動きに異常がないかを調べる検査です。心臓内の血液の流れも見ることができるため、僧房弁や大動脈弁といった弁膜疾患も調べられます。
    また、体の他の部位の血管を侵す疾患の診断にも使われています。超音波はX線を使わないため害がなく、比較的安価で優れた画像が得られるため心臓病の診断に最も広く使われている検査法の一つです。妊婦や小児でも安心して検査を受けることができます。

  1. 運動負荷心電図

    段階的に運動することで心臓に一定の負荷(負担)をかけ、その時の心電図変化により狭心症の有無や脈の乱れの有無を測定します。運動は自転車状の検査装置のペダルをこいでいただきます。

  1. 心臓CT(64列マルチスライス)

    腕の静脈に造影剤を注射し、CTで心臓を撮り、その後画像処理をして冠動脈を描出します。狭心症や心筋梗塞の診断をします。
    当院では64列マルチスライスCTを導入しています。 この最新のCT装置によって画像が非常に鮮明となるため、冠動脈病変の診断が可能となりました。検査は短時間で終了します。
    CT室のベッドに寝ていただき15秒程度の息止めを5~6回していただくだけですので、 患者様の精神的、肉体的負担が軽減されています。

  1. ホルター(24時間心電図)

    小型軽量の装置を身につけて、日常生活下で心電図を24時間連続記録することにより、心拍数の変化、不整脈や狭心症の発作の出現を観察します。